バイクの大きさと免許取得の壁

バイクの免許を取って走りたいと思っている人は、まずバイクの大きさやその免許についても知っておかなければなりません。

ただ「バイクの免許を取る」と言っても、いろんな種類があるのです。

バイクの大きさには4種類あります。

まずは原付と言われる原動機付自転車です。

原付は、普通自動車免許があれば乗ることができますが、その際は技能講習を受ける必要があります。

そして排気量が51ccから125ccのバイクに乗れる小型二輪、126ccから400ccのバイクに乗れる普通二輪、そしてバイクの最高峰と言えるのが大型二輪免許です。

バイクの免許は16歳から取れますが、普通二輪を取っておこうと考える人は多いようです。

免許取得にはバイクが起こせることが大事です。

免許を取るには教習所へ行くことになりますが、バイクの場合はまず倒れたバイクが起こすところから始まります。

バイクは200キロを超えるものですが、もし倒れた場合は自分で起こさなければなりませんよね。

それができなければ免許は取れないということです。

女性でもバイクに乗っている人はいますが、まずはバイクを起こすという壁を乗り越えないといけないのです。

コツをつかめば女性でも起こせるのであきらめずに挑戦しましょう。

バイクに乗ってツーリングに行きたいと憧れている人は多いですね。

風を切って走っている姿はかっこいいものです。

しかしその前にバイクが起こせるようにならないとどうにもなりません。

力だけではうまく起こせませんので、コツをつかみ、かっこよく起こせるようになりましょう。