バイクに使われる精巧な技術とは

バイクの技術というものは今日の自動車産業同様どんどん新しいものが生まれています。

あの小さな車体に精密な技術の積み重ねが凝縮されています。

国産メーカー間での競争はもちろん海外メーカーとの競争もあって新しいものがどんどん生まれています。

ヨーロッパではたくさんの国が隣り合っておりその中での激しい競争の中で進歩し続けてきました。

日本にも熱狂的なファンがいるくらいですからやはりヨーロッパメーカーは強いブランド化がされているイメージです。

また輸入、輸出が島国の日本より盛んなのでより一層技術の進歩のスピードは速くなるのではないでしょうか。

またヨーロッパではアウトバーンといって制限速度のない高速道路があり、純粋に速さだけをもとめたバイクも多く作られています。

バイクのエンジンというのは車と同じように考えられがちですが全く違います。

車と違い小さな空間に重心も考えられながら搭載するわけですから本当にミリ単位で精密な構造です。

またエンジンはむき出しにされてるものも多くその緻密な構造は視覚的にもバイクファンを魅了しているのではないでしょうか。

バイクは止まっている時はひとりで立っていることができません、スタンドを使います。

生身の人を乗せて時には100kmを超えて走行するようなものですのでその安全性や作りの正確さにメーカーがどれだけの試行錯誤をしているのかも想像できます。

日々デザインの進化と技術力の進歩を繰り返しているバイク産業とその集大成の最新モデルなど意識して観察することできっと誰もがその精巧さに魅了されるのではないでしょうか。